屋根裏にひそむ害獣

ハクビシンが屋根裏に住み着いてしまったら

ハクビシンは本来は日本には存在しないはずの外来種ですが、現在の日本では住宅などの屋根裏に住み着いてしまう害獣として一定の知名度があります。 ハクビシンは垂直の壁も登ることが可能なために簡単に住宅などの屋根裏に侵入してしまうことがあるのです。 ネズミやイタチのように夜行性なので、もし住宅の屋根裏に住み着いてしまった場合は深夜に屋根裏を動き回って騒音を発生させることがありますので、場合によっては寝不足に悩まされてしまう可能性があります。 他にも屋根裏で糞尿をしてしまうので、屋根裏が非常に汚い状態になってしまう可能性があり、ハクビシンは一定の場所に糞と尿を溜める習性があるためにとても汚らしい状態になってしまいます。

ハクビシンの駆除を依頼しましょう

ハクビシンが天井裏に住みついたら速やかにハクビシン駆除を専門御者に依頼しましょう。 ハクビシンは畑や果樹園の作物などを食い荒らすことがあるため、農家を営んでいるひとや、樹木を育てている人にとっては深刻な被害をもたらしてしまうことがありますし、ハクビシンが住みやすい環境でもある為にハクビシンが寝床にしている屋根裏などの被害がより深刻になってしまう可能性があります。 個人でできるハクビシン駆除の対策は寝床への進入路を塞ぐという手段が有効です。他にも野菜や樹木が身近にある場合は、それがハクビシンの餌にならないように対策を行うことが有効です。 ですが、どうしても個人でハクビシン駆除ができない場合は、専門の技術を持つ業者にハクビシンの駆除を行ってもらいましょう。 ハクビシン駆除作業によってハクビシン自体を捕獲してしまえば問題の元を絶てるので問題は収束に向かいます。